フレッツ光・auひかり・光コラボレーション引越総合案内サイト

フレッツ光キャンペーンサイト

お得なインターネットのお引越プランをご案内!
0120-907-350 9~20時 年中無休

WEB手続きフォーム

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

  • ホーム
  • キャンペーン
  • ご利用料金
  • 開通までの流れ
  • お申し込み
  • よくある質問

コラムColumn

引越し後のネットの解約忘れにご注意!

解約忘れで大損する事も!

この春にお引越しを済ませ新生活を始めている方も多いかと思いますが、
インターネットの移転はどうなさいましたか?

移転に伴ってフレッツ光から光コラボレーションに切替えて利用を開始した場合や、auひかりからフレッツ光に切替えた場合など、契約先が変わる場合には引越し元のネットの契約を解約する必要があります。

また、プロバイダを変更した時はプロバイダの解約も必要になります。

解約自体は電話をすればいいだけなので難しくはないのですが、
電話がつながりにくい事も多く、後回しにしているうちに忘れてしまう事もよくありますので、
解約をする時は、時間があるときにお客様番号等を準備したうえで電話をしてください。

実際、解約をしないとどうなるかというと・・・

解約忘れで大損する事も!

毎月の料金がかかり続けてしまいます。

請求書払いの場合は郵送で届くので気づきますが、口座振替やクレジットカード払いにしていると自動で引き落とされてしまうため、請求が続いている事に気がつかないということがあります。
毎月4~5千円のネット料金を無駄に払い続けることになりますので、必ず解約しましょう。

次に住む人がネットの契約ができない。

賃貸住宅などでインターネットの解約をしておかないと、
次に住む人がネットの契約をする際に、その部屋では「他の名義で利用中」という形になり、契約が出来ないということが発生します。不要な月額料金がかかるだけでなく次に住む人に迷惑をかけてしまうことにもなるので忘れずに解約をしましょう。

解約の方法

インターネットの契約だけではないですが、基本的に解約は契約者ご本人が行う必要があります。
個人情報の関係上、本人確認を行ったうえでの手続きとなるため、
申し込みをした家電量販店や、代理店が解約しておいてくれるという事はなく、
引越をしたら自動に解約されるという事もありませんのでご注意ください。
また、レンタル機器を送り返しただけでは解約にはなりませんので、
まずは契約者ご本人が電話をして解約のお手続きをしてください。

電話をする際は、
契約時に送られてきた案内や会員証等に記載されている
「お客様番号」(カスタマーID等)を準備し、
契約している光電話や、契約の際に登録している電話番号からおかけください。

解約の連絡をすると、
契約の事業者からレンタル機器の返送キッド(返却袋)が送られてきますので、
レンタル品のモデムやブロードバンドルーター、ホームゲートウェイ等を同梱し返送することで解約となります。この際に自分で購入した機器を一緒に入れないようにご注意を!

※ 回線事業者・プロバイダによっては「解約届け」の提出が必要な場合や、
会員専用ホームページからでないと解約ができない場合があります。

ページの先頭へ戻る

光キャンペーン.com ホーム

COPYRIGHT © 2016 INE Lighting Co,Ltd. All Right Reserved